歯を取り戻す

デンタルガム

歯医者には、様々な診療科目がありますが、その中の1つにインプラントという診療科目があります。インプラントは、他の診療科目に比べると新しい診療科目です。そのため、他の診療科目、例えば矯正歯科に比べると、設置している歯医者の数は少なくなっています。 ただ、インプラントが日本に導入されたのは、1980年代のことです。つまり、新しいといっても、すでに、それなりの歴史はあるのです。ですから、数は少ないというのは、あくまでも他の診療科目と比較してのことであり、インプラントの治療を行っている歯医者は、それなりの数に達します。従って、治療を受けるのが極めて困難というわけではないのです。 中には、インプラント治療を専門にしている歯医者もあります。

インプラントは、歯を失った際に施す治療法です。歯を失った場所に主としてチタン製の人工歯根を埋め込んで顎骨に結合させ、人工歯根に人工歯を装着するという治療法となります。 チタンには、骨と強く結合するという特質があります。ですから、インプラント治療は、しっかりと歯が固定されています。そのため、強い力を込めて噛んだとしても、不具合が生じないのです。 失った歯を補う方法には他にも入れ歯、ブリッジがあります。ただ、入れ歯もブリッジも固定が十分とは言えない治療法なので、治療を受けても強い力を込めて噛むことは困難です。 従って、インプラントは歯を失った際に、真っ先に考えるべき治療法だと言えるでしょう。また、入れ歯やブリッジの治療を受けて満足できない人も、インプラント治療を考えた方が良いと言えます。